自動車を買い取ってもらう際や、そして中古車の処分の時も印鑑証明がなければなりません。

それではこの印鑑証明について解説していきます。

印鑑証明とは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを証明する目的のものです。

印鑑証明書がない場合には使っている印鑑が実印で間違いないということが裏付けられません。

個人にとっては相当高額な取引になる車両の買取ですから、実印が必要になることになりますがそれと同時に印鑑証明というものが要るのです。

印鑑証明という書類をつくるためにはまず印鑑証明の手続きをすることが必要です。

印鑑証明書に登録するはんこは実印と呼ばれていて、世界で唯一の印鑑である必要があります。

この印を持って、自分が住む市町村役場の窓口に行けばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものが交付され、そのハンコは実印として認められたということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、役場の担当部署へ出向き専用の書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを出す必要があります。

そして、自動交付機で交付することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですから、どんなに前の印鑑証明だとしても効力は持続するということになります。

しかしクルマ売却のときには、印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものである必要があります。

基本的には有効期限などはないですが車両の買取の際は、買い取り先の業者が必須となる有効期限を定めていますので、もしも自動車売却予定の車がある場合は、売却前に用意しておくとよいでしょう。