よくある経験の浅い方向けの外為取引の教科書では、「損が生まれた状況ではナンピンによって平均の価格を下げる」と助言されていますが、正直に言うとこれは相当大きな危険があると考えます。Raburoをお得に購入するならコチラ

とりあえず、ナンピン買いのやり方についてとても簡単に述べます。HEYZO(ヘイゾー)の安全性

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。http://便秘.net/

$買いだからドル高に動くほど儲けが大きくなるわけですが運悪く95円までドル安方向に向ったとします。ビッチが田舎にやってきた

この状況で保持し続けたとしたら損失が回復するまでには5円分円安に向う必要があります。ライザップ 八王子店

誰もが、赤字は出来るだけ早くリカバリしたいと考えるでしょう。YYC サクラ

この状況を乗り切るため最初に取引したのと同じ額の$を1ドル=95円で売買します。ライザップ 上野店

そうすると、ポジション全体の平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで下げることができます言い換えると、半分の幅で円安ドル高に進めば赤字を失くせます。ラバ 狭山市

この流れがナンピン買いの原理です。すっきり ドッサリ

このように、ナンピンの理屈を耳にすると「納得だ」と考えるが、市場はそう易々と思い通りにはいきません。セルライトを解消するためのセルフリンパマッサージ

元々、1ドル95円が下値だということなど誰も分かるはずがありません。

仮定として、相場がドル安トレンドだとしたら1ドル95円ではとまらず、ドル安に進む可能性はあります。

一例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピンしたポジションにも損が生じます。

それでは、初めに保有したポジションとあわせて更なる為替差損を被ることになります。

それほど、ナンピンは難解です。

それでは、マーケットが筋書きとは反対にさっさと向ってしまった場合いかなる対応で危険を管理すればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき選択肢は2つしかありません。

ひとつめは執着しないで、損切りをすること。

もうひとつは、その段階で、自分が保有している買いポジションを小さくする事で、再び為替がリカバリするのを大人しく待ち望む事だけです。

ずいぶん主体性のない方法だと思う投資家もいるだろう。

けれども、自分が所有している買いポジションに損失が生まれた時、有効なやり方はこの2つ以外には考えられません。

なるほど、ロジックのうえではナンピンをしてみる手段も効果的です。

しかしながらナンピンは、自分自身が損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、反対にポジションを重ねていく方法です。

この方法では、危険性を避けることなどどう頑張っても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続けられればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、その前に投資資金が足りなくなってしまいます。