通常の外国為替証拠金取引の教科書では「損失が生じた状況ではナンピンで全体の平均のコストをコントロールする」等記述されているが現実的にはナンピン買いにはかなりの落とし穴がある。中折れ 改善

はじめに、ナンピン買いのやり方について述べます。マカex

例として100円で1ドルを買ったとします。FAVORIX

$買いだから円安ドル高になればなるほど黒字が出るわけだが逆に1ドル=95円まで円高方向に向ったとします。主婦キャッシング

そのままポジションを維持し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分円安ドル高に動かなければなりません。ライザップ 天神店

みんな、マイナスは可能な限り早くリカバリしたいと思います。ライザップ 六本木店

それを解決するためはじめに売り買いしたのと同額分のドルを、95円で買い増しする。

すると、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで下げることができますつまり、2円50銭の幅でドル高に進めば、マイナスを回復できる。

この流れがナンピンの方法です。

ナンピン買いの手法を目にすると「確かに」という気分になるが、為替は易々と上手くはいきません。

1ドル=95円が底だということなど、誰にも想像できません。

例として、マーケットが相当に強い円高傾向だったら、1ドル95円ではとまらず、更に一段の円高ドル安が加速する可能性が高くなります。

例として、1ドル97.50円でナンピンをした時に1ドル95円まで円高に向ったらナンピンした分についても、マイナスが生じることになってしまうのである。

こういう状況では最初に売買したドルと全部でダブルで損が生まれます。

この通り、ナンピン買いは大変です。

ならば、市場が自身のシナリオとは逆向きにすぐに進んでしまった場合、いかなる手段でリスクを避ければいいのでしょうか。

選択できる手段は2つあります。

ひとつめは観念して損切りをすること。

もうひとつの手段としては、その時点で、所有しているポジションを縮小することによってもう一回市場が戻るのを大人しく待機する事だけです。

後ろ向きな方法だと思う人もいるでしょう。

だが、所有しているポジションに損失が出た時一番正しい手段はこの2つ以外には期待できない。

言うまでも無く、ロジックとしては、ナンピン買いする対策もありえます。

だがしかしナンピンは、自分か損失を出しているにもかかわらず、買いポジションを減らすどころか、それとは逆にポジションを積んでいく対策です。

この手法では、危険を回避することなど、どこをどうやっても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続けられれば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

だけど、それより先に資金がマイナスになってしまいます。