普通のビギナー向けのFX取引の本では、「損失が生じたケースではナンピンで、平均のコストを下げる」等書かれていたりしますが正直に言うとこれには相当のリスクがあると考えます。ライザップ 新宿三丁目店

最初に、ナンピン買いのロジックに関して手短に説明しておこう。インターネットでの車査定

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。メールレディ 求人

ドル買いということで、円安に向うほど黒字が出ますが、思い通りに行かず1ドル=95円まで円高ドル安方向に進んだとします。マイクロダイエット

その状態で保持し続けたとしたら、利益がでるためには円高になった分、円安ドル高に動く必要があります。糖ダウン

投資家であれば、赤字は出来るだけ早くリカバリしたいと考えます。電話占いヴェルニ

そこで最初に取引したのと同じだけの$を95円で売買します。

これで、ポジションの買い付けコストは1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安に向えばマイナスを失くせます。

この流れがナンピンの理論です。

ナンピンの方法を理解すると、「納得だ」という気分になるが、そう簡単に思うようにはいきません。

だいたい、95円が底だということなどなんびとも分かりません。

たとえば、市場がドル安地合だとすれば、95円では収まらず、円高ドル安になる確率が高いです。

例として、97.50円でナンピン買いをしたとしても95円まで円高が進んだらナンピンしたポジションについても損が生まれてしまいます。

こういう状況では初めに買ったドルと合計でダブルでマイナスを被ります。

この例のように、ナンピンは難しいのだ。

それでは、為替が自身のシナリオとは逆の方向にみるみる向う場合どういう手段で危険を避ければいいのでしょうか。

そこで取るべき対策は2つしかありません。

ひとつは観念してポジションを閉じる事です。

もうひとりは現在、自分が保持している買いポジションを少なくする事によって、もう一度為替がリカバリするのを何もしないで待ち望むことです。

弱腰の術だと思う投資家もいるkもしれません。

だけど、自分が保持しているポジションに損失が出た時効果のある手段はこれよりいいものは期待できない。

考え方としてはナンピン買いする方法もありえます。

だけどナンピンは自身が損失を出しているのに買いポジションを減らすどころか反対にポジションを買い増していく手段です。

これでは、危険をコントロールすることなど、とても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればその内勝てるかもしれません。

だがしかし、そうなる前に投資資金が無くなってしまいます。