子供のインフルエンザの予防接種で、かかりつけの小児科の予約をした時の事です。喪服 急ぎと

予約していたにも関わらず、風邪などの患者で2時間近く名前を呼ばれず、待たされていた時、元々注射が苦手で、インフルエンザの予防接種も嫌がっていた子供が、しびれを切らして帰りたいと言い出しました。

よくわからない場合はベネッセスタイルケアがお力になります。

私自身もかなり待たされていた事に少々頭に来ていたので、受付の方に「今日は帰ります」と告げて病院を出ようとすると、一人の看護師さんがやって来て、事情を詳しく聞いて下さいました。

その時、はっきりと言ったわけではないのですが、子供が注射に対して恐怖心を持っていると悟って下さったらしく、その後スムーズに予防接種が行われる事になり、診察室へ呼ばれた時、子供の緊張をほぐすために看護師さんが、学校での事や冬休みの予定などを子供に聞いて下さいました。

お悩みならば老人ホームの看護師へ足をお運びください。

あれこれ話しているうちに、「そうしたら注射しますね」と言った具合で、一瞬にして打たれたので、子供も「あっ」と思ったらもう終わっているような状態に、「怖くなかった」と大変嬉しそうでした。

僅かな事ですが、私達が帰ろうとしていた事も、子供の様子もきちんと見て感じて下さった事も、とても感謝し、このような看護師さんは本当にありがたいと感じた出来事でした。

こちらのCBネットへ来て見てください。