一般的なFX取引の書籍では、「損が生まれたケースではナンピン買いをすることによって全体の買い付けコストを低くする」等と述べられている事もありますが、現実的にはそれは相当のリスクが待ち受けています。サーチュイン遺伝子

ナンピンの原理について易しく記述します。美容

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。マイナチュレ

$(ドル)買いということで、円安ドル高に動くほど儲けが大きくなるわけですが、逆に1ドルが95円まで円高方向に進んだとします。イエウール

そのままの状態で所有し続けたら損がなくなるまでには損失分、円安ドル高に動く必要があります。すっぽん小町

誰もがみんな、損は早急に取り戻したい考えます。ライザップ 心斎橋店

このため最初に売買したのと同じ額の$(ドル)を95円で買います。みんカラ Queen

それによって、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。タイ国際結婚

つまり、半分の幅で円安に向えば赤字を回復できます。エクラシャルム

こういったことがナンピンの仕組みです。サントリーの化粧品

このとおり、ナンピン買いの理屈を目にすると、「確かに」という風に思うが、為替はそう簡単には問屋を卸しません。

だいたい、95円より下がらないとは誰にも分かるはずがありません。

仮定として、為替相場が強い円高ドル安傾向だったら95円ではとまらずさらに一層円高が進むリスクがあります。

一例として、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円までドル安に向ったらナンピンしたポジションにも、赤字が生じることになってしまうのである。

こういう状況では初めに注文したドルと同時に2倍の損が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピンは一筋縄でいきません。

であるなら、マーケットが自らの物語とは反対の方向にどんどん進む場合どういった対応で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

こういう状態で取るべき道は2つあります。

まずはじめは執着しないで、損を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、その時に、自分が持っているポジションを少なくする事によって再びマーケットがリカバリするのをひたすら待つ事です。

ちょっと受動的な手法だとみる投資家もいるkもしれません。

しかしながら、自分が所有している買いポジションに差損が出た場合、正しいやり方はそれ以外にはないです。

なるほど、ロジックのうえではナンピンをしてみる対策も効果的です。

だがナンピンは自分自身がマイナスになっている状態で買いポジションを無くすどころか逆に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この対策では、リスクを管理することなどどこをどうやってもやりようがないと考えるべきです。

ナンピン買いを続けられればいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

けれども、そうなる先に投資資金が無くなってしまいます。